優れた電気亜鉛メッキの特性

電気亜鉛メッキというのは、電解溶液の中で陰極として品物に通電して、メッキ金属を品物の表面に析出させるものです。

 

防錆機能、装飾機能といろいろな目的に応じて、割合安い価格で密着性が良好な皮膜として、多品種少量品から量産品まで加工を行うことができます。 優れた電気亜鉛メッキの特性についてご紹介しましょう。

 

電気亜鉛メッキは、金属の優れた密着性を有する皮膜として利用でき、衝撃などの場合においても塗装のように剥離するようなことはありません。 電気亜鉛メッキは、犠牲防食という電気化学的な作用と、緻密で純粋な亜鉛層の保護皮膜によって、鉄鋼を長い期間にわたって錆から保護します。

 

電気亜鉛メッキは、15℃〜35℃と常温でほとんど処理ができるので、反り、歪みなどの問題が発生する心配がありません。 通信機器やコンピューターの部品、自動車の部品等のように非常に精度が要求されるようなものにも、比較的防錆の処理を容易に行うことができます。