亜鉛メッキは鉄の腐食を防止するメッキ

亜鉛というのは、イオン化傾向が鉄よりも大きい金属であり、鉄を電気化学的に防食する亜鉛メッキは、鉄の腐食を防止するメッキとしてはどうしても必要なものです。

 

また、他のメッキに比較して亜鉛メッキの原料の亜鉛は安いコストであるため、家電製品や自動車の部品から建材など非常に多くの鉄製の製品の錆を防ぐメッキとして、亜鉛メッキは非常に重要なものです。

 

電気亜鉛メッキは、鋼板にメッキを行ったのみでは亜鉛による白錆が出てきて、すぐにメッキを行った鋼板の外観が損なわれるようになります。 そのため、ほとんどの場合、亜鉛メッキだけの状態で使われることはなく、目的に応じて後処理としてクロメート処理が多くの場合は施されています。

 

亜鉛メッキを行った鋼板は、クロメート処理を施すことによって著しく耐食性がアップするだけでなく、メッキの特性や外観も改善されます。 なお、クロメート処理には、ユニクロ、クロメート、黒色クロメート、緑色クロメートの4種類があります。