電気メッキというのは、品物を陰極として電解溶液の中で通電し、メッキ金属を品物の表面に析出させるものです

電気メッキというのは、品物を陰極として電解溶液の中で通電し、メッキ金属を品物の表面に析出させるものです。 いろいろな装飾、機能、防錆などの目的に応じて、割合安く金属皮膜を付けることができるので、自転車や航空機、コンピューター、通信機、雑貨、装身具に至るまで幅広いものに利用されています。

 

代表的な電気メッキとしては銅メッキがあります。 銅というのは、容易に塩素を含む水に侵され、亜鉛化銅になります。 そのため、装飾メッキでは銅だけで使用しないで、ニッケルクロームメッキまたはニッケルメッキの下地メッキとして使用されます。

 

一方、銅メッキでも工業用のものは、その均一電着性および電極性の特性を活用して幅広く使用されています。 電気メッキとしては、ニッケルメッキも代表的なものです。 ニッケルというのは、湿度や空気に対してはるかに鉄より安定しているため、防食、装飾の両面に使用されています。

 

しかし、空気中でメッキの表面は少し変色するので、仕上げに美観の維持に役立つクロムをメッキをすることが多くあります。

Comments are closed