メッキ処理の方法について

メッキ処理と言えば、金属やプラスチックなどの表面に薄く膜をかぶせる技術の事です。 色んな商品にメッキ処理は施されていますが、メッキの種類も色々とあり金をはじめ、銀やニッケルなど、様々な金属を使います。

 

メッキ処理の商品は良く見る機会はあるものの、メッキ処理の工程については中々一般の方には馴染がありません。 メッキ処理の工程は結構複雑で、単純にメッキ液をつけるだけではありません。

 

まずは治具と呼ばれる器具に製品同士がぶつからないように製品を取り付けることから始まります。 次にメッキ工場に入ってくる金属には油脂が付いているため、その油を取り除きます。

 

この工程には、同時に超音波洗浄機を一緒にする場合が多いようです。 超音波洗浄機は、超音波によって起こる衝撃波を利用した洗浄方法になります。 その後も何度も専用の機械で洗浄したり、メッキを付きやすくするために活性化などを行い、ようやくメッキ処理を施します。

 

凄く多くの工程があるので、実はかなり手間がかかっているそうです。 普段何気なく見ているメッキ処理の商品もそう考えると、見え方が少し違ってくるかもしれません。